[困ったものだ]Twitterの誤ロック生活3日目

凍結生活3日目を迎えたikatyoです。
ここ数日はずっとアカウント復活の為に動き回っています。
通常であれば2~3日で返答が来る筈なのですが…来ない…何故…?

Twitterロックによる影響

Twitterのアカウントをロックされてしまったことにより、いつまでもTwitterが出来ないという致命傷を負ったほか、ツイキャスにログインできない、BitZeny投げ銭Botのぜにぃ姫の中にZNYが監禁されてしまい、さらにはBitZeny 専用決済ポータルサービスmicrozenyにもZNYを監禁されてしまうという非常事態が起きています。
尚、私はmicrozenyを利用してfaucetを開設しているのでそこにZNYが送れないという事も起きています。

未だに返信が来ない

Twitterのフォームから身分証明書をアップロードして送信すると自動返信メールが届くはずなのです…
届くはず…

来ませんでした。いや来ないんです。
申し立てフォームにはこんな書き込みがあります

このフォームを送信後、自動返信が届きます。そちらを参照しても問題が解決しない場合は、お手数ですが自動返信に解決しない旨をご返信ください。サポートが対応致します。

通常なら来るはずなのです。ですが来ないのです。
どうしたものか。

利用規約を確認してみる

アカウント作成当時の利用規約を確認してみました(作成当時の利用規約)
この利用規約を何回も読み直したのですが、何処にも13歳未満が利用してはならないという事は書いてないんです。この当時は、まともにネットを触り出した時期で何をするにも一度父親に話さなければ無かったので、父親に同意を得たうえで作ったアカウントなのです。やはり納得がいかない…
尚、同様の現象に遭遇している方もいるようで、その方がブログに纏めていたのを見てみると…

あくまで僕の見立てですがTwitterは「アカウント作成年 – アカウントに登録された誕生年 = 13未満の場合、アカウントを自動ロックする」というプログラムを作って自動的にアカウントをロックしているのでは無いかなと思っています。
引用元:ガジェットTouch!

との事なのです。(公表されていないとはいえ)仮にこの原理でロックされているのであれば私以外の方も同様の現象に遭遇していると思われます。

勿論現在の利用規約には

いかなる場合においても、本サービスを利用するためには少なくとも13歳(Periscopeの場合には16歳)以上でなければならないものとします。

と書かれていますが、この利用規約の最後には

改定は溯って適用されることはありません。

と書かれており、何故今になってこの利用規約でロックが掛かってしまったのかが分からない状態です。
結局の所3日経過した今も自動返信すら来ておらず、成す術がない状態となっています。
いつになったら復旧するのか。未だに分からず解決までずっと悩むことになりそうです。

広告
広告


広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告